精子の数による男性機能障害の種類について

性行為を行っているにも関わらず、パートナーの女性に妊娠が長期間見られない場合には、原因の一つとして男性不妊を疑うことも必要となってきます。男性不妊には先天性と後天性のものがあり、後天性の場合はストレス、飲酒などの要因を排除することで改善が見られる時がありますが、先天性の場合には治療や診断が必要であり、医療機関にかかる以外に不妊の改善を目指すことは非常に難しくなります。医者の正しい診察を受けることで、子どもを授かることもできるようになる可能性があります。
男性機能の低下による不妊にはいくつかの種類が挙げられます。まず精子の異常、精子の数が十分でないことで、不妊が引き起こされていることが考えられます。精液1ml中の精子の数が2000万以下の場合を乏精子症といい、精巣内で精子がまったく作られていない状態を、無精子症といいます。乏精子症の場合には、その精子の数にもよりますが人工授精、体外受精などの方法が考えられ、無精子症の場合には、顕微授精という方法で受精、妊娠が期待できる可能性があります。顕微授精とは顕微鏡で見ながらピペットを用いて卵子の中に直接精子を注入する方法で、自然妊娠と比較してもリスクは少ないとされていますが、体外受精などに比べて費用が高くなることが多く、最高で100万円ほどの支出が必要となることもあります。男性機能の優劣で受精の種類は定まってくるので、医療機関での正しい診察が肝要となってきます。
その他にも男性不妊には製造された精子が十分な動きを見せない精子無力症、精子の通り道である精管が何らかの原因でつまり、精子が運ばれず精巣内に精子がいなくなる閉塞性無精子症などが、男性機能の低下による不妊の種類として考えられ、それらの症状を理解し、受精や妊娠への方法を考えることが、男性の側に問題のある夫婦には大切な措置となってきます。